読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ふた手間

ひと手間をかけるのは普通

 

ふた手間かけて差別化ができる

 

それを感じさせないのがカッコいい