人生楽しい

「おもしろきこともなき世をおもしろく」高杉晋作 シンプルに心動かされた

人間を感知する

真剣に働きたいと思っている やりがいのある仕事がしたいと思う 自分への眼差しと同時に 他の人々へ向けるそれが足りない 人間に対する視力や感受性の質が 低いのだろう

自分について知っていること

ぼく以上にぼくについての多くを語ることのできる人間は、この世界のどこにもいない。 しかし、ぼくが自分自身について語るとき、その語り手としてのぼくによって、その価値観や、感覚の尺度や、観察者としとの能力や、現実的利害によって、取捨選択され、規…

長い旅には

ライバル 仲間たち 自分 戦い 励まし 楽しみ 素晴らしい

接待

自分の経験をさらけ出すことが できる人間は正直だ 正直だから信頼される 信頼されるから安心できる

every day

いっしょうけんめい 考えてるか たのしく 冒険してるか

夕陽の写真

暑かった けど 夕陽は綺麗

生きているなら

心の奥深くでは ある程度のランダム性や無秩序を 求めているはずだ どんな一日、未来になるのかを 正確に予測できるとしたら あんまり生きてる気はしないだろう

自然と人間

人間がひとつ前の戦争と戦うのだとしたら、自然はひとつ先の戦争と戦う 人間の身体のほうが頭脳よりも敏感だ いかに自然の状態に近づくために 自然な状態でいれるのか その矛盾する状態を感じ生きる

過剰補償

暇な時間があると、機能が低下し、 怠け、やる気をなくす 忙しくなると、ほかの仕事もがむしゃらにこなすようになる ただしどちらもほどほどに

欲張りなダーウィン

強くもあり 知的でもあり 変化にも適応できる人間になりたい

他人があってこその自分

本当の自分は 自分がつくるのか 他人に作られるのか そもそも自分という存在そのものが あるのか

夕方ラン

交差点でふっと目につく黄色が 長雨終わりの夕方に 走るこころを釘付けにした

想像力と論理的

具体的に行動し結果を出すためには ふわふわしたタスクから 何がが起こるのかという想像力を 働かせて論理的に順序を組み立てる 能力が必要になる

30%の笑顔

いつも100%でいることはできない でも 30%ならできる 当たり前が30%になったら 周りがたくさんの笑顔を足してくれる

夏休み

休息しよう 一滴の水が溢れでそうなぐらい 自分の成長に向けたインプットをしよう

逃げる幸福

「もしも…ならば」モデルであれば 幸福は逃げる 今の自分 本来の自分にフォーカスするんだ

祭り・花火・さくら

儚いから美しい 儚いものには熱狂や癒しを求めて 人々が集まる

幸せ

その瞬間を 幸せだと思えば 幸せは確定する

印象に残ること

たくさんの情報の中で 大切なことを伝えるためには どうすればよいのか 簡潔に言ったからといって 心に残るのではない ただ、感情は最も相手に伝わるのかもしれない だから沢山の情報より、 自分の想いを語ることが大切なのかな

正範語録

完璧でなくてよい

人間なんだから 割り切って生きていかないと

月初め

8月1日 夏休みまであと少し 暑さになんて負けてられない

いかに毎日気分良く過ごせるか

大きな悩みなんて実は大した事はない 人と比べることなく 自分だけの人生を過ごすこと それだけで幸せなんだから

プロフェッショナル

周到な準備あってこそ プロとして当然の結果がある という当たり前を実現させるのが プロフェッショナル

本日はこの場所が 思考の仕事場 なんて

シナリオ

ストーリーがないと仕事は上手くいかない 予想外のことは当然起こり それも良いスパイスになり ハッピーエンドに向かうと信じる

毎日はすぐ終わる

長い人生、大きな悩みなんてない 過ぎる時間は返ってこないけど それが人生

おもてなし

自分のやりたいことをするのではなく 相手の要望を聞き、取り入れて改善する そこに自らの成長があるから さらに深化することができる

ぼーっと

頑張らなくても ボケ〜っとしてる方が脳は回転する なるほど、確かにそんな時間を意識して いる時は意外と考えがまとまったりする いっぱいぼーっとしよう