読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ゴルフ 〜シャフトの硬さ〜

確かにシャフトの硬さが 自分の実力に追いついていない 変えた方が良いと言われるが 上手く打てる時もあるんだから できるはず 体幹と上腕下部及び下半身強化に もっと時間を使っていこう 意識せずフェイスが返るように

ゴルフ 〜スタンス幅〜

自然と広めになっていたようだ 膝が使えてないと教えてくれた 確かに体が回転しにくい感覚はあった なかなかカラダの強さと柔軟性がないと プロのように広いスタンスでは 真っ直ぐ飛ばないのかもしれない

楽しむ

最近 何でも楽しむことを 忘れていた 仕事を楽しむなんて 甘いという考えもある 辛い練習も楽しむ そうじゃない時もある でもそれが自分の頑張り方だったはず

練習と本番

分かっていたけど 普段のチカラを本番で出す難しさ 思い出した 昔も7割が合格ラインでも 100点を目指したタイプだったけ まだまだ練習でも2割かな もっと頑張らないと

初コース

本番前日 調子が上がらない 最後まで頑張るべきか 今までの練習を信じて これっていうポイントを見直し あとは迷いを吹っ切る そして楽しむんだ!

香り

雰囲気を変えるために 香りを変えることは 簡単で分かりやすい その場の香り その人の香り ずっと後でも思い出すことができる

決断

どのタイミングで 大きな選択の決断をするのか 何を決断するのかが重要ではなく いつ決断するのか その腹がくくれたら

遠回りが成長につながる

簡単に答えにたどり着けない問題を 解いていくためには 基本を理解したあとに 遠回りをする感覚を経験する必要がある 一度遠回りで難しい問題の解答に たどり着く喜びを味わうと もっと課題を好んで求めるようになる それが成長だ

責任

他人への責任は 自分との責任が守れるなら 簡単に果たすことができる 大変だけど 責任がなくなると 寂しい

笑顔連鎖

自分が笑っているよりも 相手が笑っていることを想像する方が 喜びは大きい その笑顔は きっと自分にも返ってくるよ

来る未来(くるみ)

夢に泥を塗りつける自分の醜さに 無防備な夢想家だって 誰かが揶揄しても 揺るがぬ想いを 願いを 持ち続けたい なんて深い歌詞…

いつも前向き

誰からも好かれて 尊敬される人の必要条件 色んな視点で 広い視野を持ってる 素晴らしい

ありがとうの理由

その時は ありがとうの理由さえわからなかったけど 後になって考えてみると その時気づかなかったことに 感謝できることがある なんか嬉しい 得した気分

自分への約束

頑張ると気持ちいい 自分が決めてやり出したことなら もっと気持ちいい 人から言われる前に 頑張ってしまえ

表情は自分が思うよりも

普段笑っているつもりでも 人から見ればそうでもないように 見えるのかもしれない 自分が思うより 笑いすぎるぐらいで ちょうど良い 笑いすぎて悪いこともないんだし

ワクワク感

明確な目標はない でも上手くなるために努力する 自分で決めた課題に取り組み 少しでもその解決ができた時 そこには、次に向けたワクワク感が生まれる たわいもないけど、日々そんなもんだ

根性

今時、聞かなくなったけど 自分に似つかわしくないけど 悪くない 必要な時もある

信用と期待

自分を信用して期待しろ 他人を信用して期待するな 自分以外は、自分の心が作りあげた 幻なんだから

何事においても『ま』が重要 時間 空間 そして人間 『ま』がないと成り立たないことが 多い世の中です

差別化より区別化

相手なんか関係ない 人がしない事をすればいい それが一番の近道だ

営業は未来作り

とてもシンプルかつ強力な言葉 前を向いて進むだけだ

かけがえのない大切なひとたち

あなたが微笑むだけで 私は幸せ 幸せとはシンプルなことだ

人・モノ・金が集まり情報が集まる

人・モノ・金・情報は 並列の関係ではない 情報を得るために営業する 人・モノ・金が集まるところで情報を得て 自らの成果につなげるんだ

シンプルだから楽しい

一打でも少なく ゴルフボールを穴に入れる 1秒でも早く走って ゴールする 目標はシンプル 奥深いプロセス だから楽しいんだ

変数を意識する

風が吹けば桶屋が儲かる 営業とは常に自分の行動が それは些細なことであったとしても ゴールに向かうストーリーの中で どんな影響を及ぼすのかを意識しながら 実践できるのかを試される

『人』とは支えあって生きること

お客さんに喜ばれる仕事をするには 自分が楽しんでなければならない 子供を健やかに育てるためには 親が元気でなければならない 自分や周りの人が楽しく元気になるように 生きていこう

アソビと仕事の垣根

気持ちとしては垣根はない ただし時間の区切りではなく 趣味と実益を兼ねる そんなライフスタイルの実現は とても難しい いや、難しいと考えてしまっている 自分を理解して個性を実現する勇気が ないだけである 勇気をカタチにできるかである

自分が期待していること

自分が期待していることは わかっているようで わかっていないことが多い 自分が期待していることを 相手に伝えることは おのずと難しい そのギャップを埋めるためには 毎日自分の心と向き合うことだ

AIを使い尽くす

google翻訳の進化が目覚ましい ツールを上手に活用することは 効率性を高めるだけではない より積極的に取り入れようとする気持ちが 行動や自分の可能性を広げてくれる

営業の種を蒔く方法

営業においては、立場の違いによりアプローチ の難易度は大きく変わる 何らかの情報を得るには まず会わなければならない 自分がターゲットに受け入れられるための ポジションや価値をつくる活動に 時間をかけよう

視野の広さと人柄

単純に良い人ではなく 仕事ができる人 まっすぐに事を見極め 他の人が気付かないことに対しても 行動を起こせる 二つの要素は乗的に比例して拡大していく

効率と非効率

誰かにとって効率的にすることは 誰かにとって非効率になることがある なんのために変えるのか その目標に対する深い思慮がなければ その変化は上手くいかないことが多い

会社と個人

違う会社の人との交流会に行くと 会社という枠組みの中に居ながらも 独自の感性で仕事をしている人がいる 自分がそうだから そういう人が潜在的に持っている想いに 共鳴することができる そうでなければ仕事なんて 生活を成り立たせるための手段 にしかなら…

ギャップが人を惹きつける

何事においても意外性は大切 人と同じであることは損はないのかもしれない でも大きく特をすることもない気がする ギャップのある話は聞きたくなる ギャップのある女性はモテる ギャップのある会社は長続きする わざとギャップを作る必要はない 素の自分を出…

一年の小さな中だるみ

一年の最初に感じた前向きな感情や目標が 2ヶ月ぐらいで少し忘れがちになる あらためて大きな方向を自分の心に 想い起こして小さな毎日の行動に 落とし込んでいくことが大切なはず 小さな気づきであるけど 時が経つと大きな違いになる

雑感が気づかせてくれる

1月28日 インプットとアウトプットに したためた雑感 最近、明らかにインプットが足りていない と思っていたら、積極的な心もない状態に 気づく 久々の交流会がある今晩 楽しみになってきた

ふた手間

ひと手間をかけるのは普通 ふた手間かけて差別化ができる それを感じさせないのがカッコいい

ひと手間の価値

コンサルティング モノを扱わないサービスの価値や その対価は非常に理解されにくい 仕上げていくプロセスにおける ひと手間の価値をもっと認識させる 必要がある 見える化した瞬間に とても安っぽく見えてしまわないように

1人 新・週休3日を導入

5年以内に世の中はそうなっている すでに実践している感はあるが… 高らかに宣言します 時や場所に囚われず ビジネスの事を考えている時間 週に32時間。

バランスを感じる

同じような毎日と感じる日々の間に 色んな種を蒔く必要がある 刈り取りばかりだと疲弊し 同じような毎日を感じることもなくなり 種に水をやることさえ忘れしまう 同時には出来ないけど 常にそのバランスを感じ取ることが重要だ

丁寧に生きること

最近、積極的に考える時間を取ってなかったなあ もともと「量」より「質」 自分の好きな仕事のスタイルで やって行こう

総理大臣って

大変な仕事やと思うわ 遠い出張から帰ってきて テレビに出て上げ足を取ろうという 敵にスキを見せないように 自分の考えを伝える 使命がないと絶対出来ない

ほっぺた

寒い冬に帽子をかぶっても マスクをしても いつも隠れることはない 笑ったり怒ったり 時には紅くなっても いつも素直で強いほっぺた そんな風になりたい

1秒の勝負

ゴルフスイングは一瞬のスイングの間に 様々な動きが影響を及ぼしながら 人それぞれの型を作りあげる 何においても、全て誰かと同じことなんてない だから自分らしさで生きることは 当たり前のことなんだ 人生はホントに楽しい

Trip

今年のチーム名は、チームトリップ (詳しい理由はさておき) 会社勤めとして、色んな場所に出張で 行けるという経験はありがたいな 大都市には当たり前のように行くが、 今年はプライベートでも初めての 地方出張が多い チーム名が呼び込んでいるようだ

素人っぽく営業する

分かったふりをして話を聞き流すのでなく 分からないことは、自分の感性で きっちりと質問して確認する 当たり前で簡単なことが できない人が多いことに気づく でも、分かっていながら、素人っぽく 意図して営業をかけながら、 周りの人達の協力を引き出せる…

頭の良さとは

カルビー社長のインタビュー記事に 下記のくだりがあった アタマの良い人は、易しいことを複雑怪奇にしてしまう。そういう人は経営には向かない。むしろ中途半端、真ん中よりちょっと上ぐらいのアタマの人の方が経営者に向いている。 経営者にはなりたくない…

ええ天気やな〜

その簡単な一言は 大きな力を持つ 周りの雰囲気を和ませ 日常の喧騒に追われる気持ちに 気づかせてくれるのだ

自由という名の責任

世に言われだした リモートワーク ホワイトカラーエグゼンプション ある記事の下記はかなり秀逸 つまり今後、世の中には2つの働き方がある。 「自由裁量、成果報酬」か、 「監視つき、時間給」かだ。 働いている会社ではだいぶ前から当たり前 短い時間で成果…

魔法はない

どんな仕事であっても 魔法はない 毎日 100%の力を出し切って 一歩ずつ前進するだけ